--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/09.Wed

7回目の司法書士相談(自己破産・終)

司法書士事務所に行ってきました。

私が依頼した司法書士さんは個人事務所を構えていて(ほとんどの方がそうでしょうけど)
全部一人でやっているみたいなんですね。


今日もいつものようにインターホンを押して待っていると
玄関の扉を開けて迎えてくれた司法書士さんの顔には『マスク』が・・・。

インフルエンザ対策ですねぇ。


そうですよね、インフルエンザになったら1~2週間は仕事にならないし、
周りにも感染させたら大変ですもんね。裁判とかになると期日もあるし
休んでいられないですよね。大変だ・・・。



と、早速本題へ・・・

まず、裁判所からの通知を見せました。
司法書士さんがコピーを取って保管するそうです。

免責審尋は15分位前に行ったほうが良いとのこと。
たぶん、何人か(4、5人くらい?)ずつ呼ばれて、軽いお説教のような
もうこんなことしちゃダメですよ。みたいなことを言われて終わるそうです。


債権者が何も言ってこなければ免責審尋の約2週間後くらいに
免責許可の通知が来るそうです。


と、ここで気になることが・・・


私「債権者が来ることってあるんですか?」
司「(債権者が)個人の場合ね。どうしてくれるんだ!金返せー!って怒鳴り込んで
   くることはあります。業者(消費者金融等)は裁判所が相手にしませんから、大丈夫です。」



個人かぁ~、なるほど。
貸した金額が大きければ裁判所に乗り込みたくもなるのかもしれないですね。


以前の相談時に聞いたことなんですが、ある債務者が破産申立後、
免責審尋期日に裁判所に出頭したところ、債権者も来ていて一緒に部屋の中に
入ってきたことがあるそうです。

裁判官に「何しに来たんですか?出ていってください。」と言われて
素直に出ていったみたいですけど。


その債権者は地元の中小金融会社で、その後しばらくしてから破綻し、
現在は債権譲渡されて、会社名は変わらず運営は別会社になっています。


ちなみに、私の債権者一覧にこの会社も入ってるんですよね・・・。
しかも!ショッピングローン残高8割ほど残ったまま破産したので気になるところです。

自己破産時に、ショッピングローンの残があるものは引き上げられる。
という話は聞いていたのですが、私の場合、車検の8万円とipodの3万円の残
(少しは支払っているので実際の残高はもうちょっと少ないです)があります。
車検は実体のないものなので引き上げようがないですけど、
ipodはどうなるんだろう。返せって言われるかな??
金額が小さいし、何も言われないかな?


でも、返せと言われたら返します。
しかたないですね、実際ほとんどお金払ってないので・・・(汗)




そしてそして、司法書士さんが裁判所に提出した「破産申立書」を頂きました。
厚さは1㎝くらいありますね。

これを家に帰ってじっくり見るように、今は見なくても良いけど
審尋の直前にはしっかり見てください。と言われました。


司法書士さん曰く、思っていたよりすんなり通って拍子抜けって感じだそうです。
確かに私もそう思っていたんですが、これはやはり書記官の違いでしょうか。

今回私の破産事件の担当書記官は相当なおじいちゃんらしいです。
以前言っていた、女性の書記官だと絶対こうはいかないですよ・・・と。

良かったぁ、女性の書記官じゃなくて良かった、本当に。


上申書も、私が提出したシンキの大車輪についての説明書を参考に
司法書士さんが改めて作成してくれたみたいです。
より分かりやすく、シンプルになっていました。

その上申書の効果もあってか、はたまた書記官がおじいちゃんだったからか
真相はわかりませんが、裁判所からの問合せは何も無かったそうです。

最初は結構問題有り有りで大丈夫かぁ~??みたいな雰囲気だったのに
「アレ?もう終わった?」っていう感じですね。


まぁ、でも司法書士さんが言うには、私の住んでいる街の裁判所は緩い!と・・・。
全国的にみても緩いらしいです。ギャンブルが理由でも95%は破産できてます。
ギャンブルが理由なんてダメでしょう??

と言われても、私にはそうですよねぇ・・・としか言えませんが(汗)

私はギャンブルでの借金ではありませんが、ギャンブルでの借金も
時と場合によると思います。最初から最後までギャンブルする為の借金なら
話は別ですけど、全てがそうじゃないでしょうし、そこはそれぞれの事情があると思うので。




あ、あの民事訴訟裁判通達書とやらを持っていくのを忘れてしまいました。
(パソコンの前に置きっぱなしでした(汗)
でも司法書士さんも架空請求の類でしょうから無視してください。と言っていたので大丈夫でしょう。




これで、とりあえず一段落つきました。


後は、10月の免責審尋です。


あ、その前に官報掲載だ。

チェックしなきゃ・・・



スポンサーサイト
司法書士相談 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。