--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/09.Wed

自己破産手続同時廃止決定!

久しぶりの更新です。

今日は有休で休みを貰いました。
これについては理由がありまして、後ほど書きます。



破産手続き申立から昨日で3週間経ちました。
まだ来ないのかなぁ~と思いながら帰宅し、郵便受けを覗いてみると
何やら封筒が・・・


これはもしや・・・



来ました。ついに来ました裁判所からの封書です。


大丈夫?コレ本物だよね?ナントカ詐欺とかじゃないよね?
裏に裁判所の地図も載ってるし、間違いないよね?



とドキドキしつつ、開封しました。




中身は2枚。

紙の質感が、学校で貰うプリント用紙みたいで、ちょっと懐かしさを覚えます。


1枚目は同時廃止決定の通知です。
免責審尋は10月27日となっています。

同時廃止が決定したのは9月4日ですね。



 8/18 破産手続き申立て
 9/ 4 同時廃止決定
10/27 免責審尋


という流れでしょうか。



ふぅ~、とりあえず同時廃止決定までは来ました。
問題はこれから・・・免責ですよね。
あと1ヶ月ちょっとかぁ~、緊張するだろうなぁ(汗)



同時廃止決定通知の他に入っていたもう1枚の紙には

破産者に対する注意事項

と記載されています。



1 同封の決定書2番記載の『免責審尋期日』に○○地方裁判所○階○番窓口へ
  出頭(!)してください。(1番記載の『免責についての意見申述期間』は、
  債権者に対する期日になりますので、間違えないようにしてください。)
   不出頭の場合、本件免責申立てを却下する場合があります。却下された
  場合、再度の免責申立てはできません。

2 官報公告費用は、裁判所に納めた「保管金」から支払っており、裁判所以外の
  機関から申立人に直接請求がなされるものではありません。

  また、申立時にご説明したように、手続が最後まで終了した場合(免責許可決定が確定
  した場合)には、保管金は使い切ることになりますので、お返しできません。


                                      ○○地方裁判所民事部破産係



う~ん、裁判所に出頭か・・・。何だかちょっと罪悪感というか、複雑な感じ(苦笑)

保管金というのは予納金の10,290円のことですよね。
免責許可が出ればまた官報に載るので、そのお金は使い切るって事か。
2回載って1万円ってことは1回で5千円ってことかな?
それともセットになってるのかな?載る面積によって決まる?それは無いか。

まぁそこはどうでもいいですね(笑)




そうそう!

その裁判所からの封書の他にハガキが来てたんです。

民事訴訟裁判通達書


というタイトルで、内容は、
契約不履行で起訴されたから裁判があるので連絡くれ。
連絡が無いと給与・口座差し押さえ・勤務先に連絡しますよ~。

的なことが書かれています。


普段の私なら迷わずハガキはゴミ箱行きなんですが、
今回は本当に裁判所から通知が来てるので、ちょっとビビっちゃいまして
司法書士さんに聞いてみました。

まずは、同時廃止決定の通知が来たことを報告。
そしてハガキのことを聞いてみると、たぶんナントカ詐欺みたいなものでしょうけど
一応持ってきてください。とのことでした。




ってことで、今日これから司法書士事務所に行ってきます。


帰ってきたらまた続きを書きたいと思います。



それでは・・・




スポンサーサイト
債務整理(破産手続申立後~) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。