--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/05.Wed

6回目の司法書士相談(自己破産)

実は、前回の記事ですが、下書きしたままUPするのを忘れていました・・・。
そのまま1週間経過、今日は6回目の相談日です。
今日は忘れずに書きますよ!(笑)


まず、住民票と家計表の提出。
6月は水道光熱費がものすごい金額になっていましたが、7月はまずまずです。

滞納した分を払うのは悪いことじゃないけど、金額がちょっと大きすぎると・・・。
そうなると書記官の印象はあまりよろしくないみたいなので、8月申立てでちょうど良かったのかな??


そして、陳述書の再確認に入ります。
ひとつずつ進めていきますが、どうしてもやっぱり合わない部分が出てきます。

司法書士さん曰く、
「これはしょうがないです。いくらきちんとやっても合わない部分は絶対ありますから」

でも、そこを何とか合わせていくしかないそうで、本当に大変です。

何とか合わせて進めていき、最後に近づいてきました。

が、最後の「債務残高」がどうもおかしい。と司法書士さん。

司「引き直し計算後の金額でやりました?」
私「え・・・引き直し・・・?」




やってしまいました、私。


あの、エクセルで作成した一覧表、16ページにも亘る力作(笑)を
引き直し計算前の金額で作成していたみたいです。


8社のうち、最初から法定利息内だったのは3社。
残り5社は途中から法定利息になったり、未だにグレーゾーン金利だったりと、色々です。


司「あ~それかぁ、だから合わないのかぁ」
私「すみません・・・」
司「いえいえ、じゃぁ、私のほうで合わせておきます。元々私がやるつもりでしたし。」


 じゃぁ最初からやってくれれば・・・いやいや、自分で作った借金を人に丸投げする
  わけにはいきません。
 自分の借金を一つずつ見返すことによって、得たものもあると思います。
 何よりも今後の生き方・考え方に影響を及ぼすであろう事は確かです。


という事で、陳述書は私の手元を離れていきました。。。


来週中、遅くても再来週には出しますから。との事で、通帳も全て預けました。
とりあえず、次回は来週・・・かな?

預けた通帳を返してもらうのと、出来上がった書類のコピーをくれるみたいです。
そこで最終確認をして、申立・・・となるのでしょうか。


司法書士さんは「開始決定」が出れば、まぁイケるでしょう。と言ってました。
書類が通ってしまえば、後はほとんど大丈夫。でも100%ではない・・・と。

入り口が厳しいんですねぇ。日本の大学みたいですね。


何事もなく、無事通れば良いなぁぁ


スポンサーサイト
司法書士相談 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。