--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/28.Sun

4回目の司法書士相談(自己破産)続き

以前、借金の一覧表をUPすると書いていたことをすっかり忘れていました(汗)

こちらになります↓↓(クリックすると拡大します)

借金収支一覧表


左側の収入は給料(悲しくなるくらい薄給ですね)とバイト収入(当時)です。
支出の(青字)は固定支出(家賃・携帯等)、(赤字)は借金返済額、
カッコ無しの太赤字はトータル支出です。

これが完璧。という訳ではありません。その他にも多少の収支はあったと思いますが
現在、履歴で残っていたり、記憶が確かな金額を載せました。
(B社(S)はショッピングローンですが、残債の欄、スゴイ金額ですけど、最初の取引から
  最後の取引までの総合計から毎月の返済額を減らしていくという、ちょっと訳わかんない
  履歴になっていました・・・ので、そのまま載せています。最初の取引の欄には、残債
  100万超えてました。トータルで100万以上はショッピングローン組んでいた。という
  事なんですね。普段何気なく使っていたカードですけど、スゴイ金額ですよね(汗)



見て頂ければお解かりかと思いますが・・・
シンキとモビットの間で金額が移動しまくっていますよね。

そうです。俗に言う「大車輪」です。

これは、私は有名だと思っていたんですが、実際どうなんでしょう?
某巨大掲示板ではスレタイにも大車輪と付いていましたが(私もその掲示板で知りました)
ネットをあまりやらない方には馴染みのない言葉かもしれないですね。

数年前までシンキには「何度でも1週間無利息」というシステムがありました。

6/1にシンキから10万円借り入れして、他社(私の場合はモビットです)返済
6/8に他社から10万円借り入れして、シンキに完済(1週間以内なので無利息)
6/9にシンキから借り入れ・・・・・・

というようなことを繰り返し、給料日になったら自分の手持ちからいくらか出し、
借り入れ金額を減らしていき、最終的には借金返済。

となるのが理想でした。


しかし、実際はそう上手く行かなくて、いつまで経っても回す金額は減らず、
チョコチョコつまんでしまい、そのうち追加借入がストップし、返済のみに・・・。

結局、利息の圧縮どころか借金が増えただけで終わってしまいました。


自分はそうならないと思っていたんですが、気付いたらドツボに嵌っていました。




このことについて、初めに取引履歴を取り寄せたとき、司法書士さんに
「話には聞いたことがあるけど、実際目の当たりにしたのは初めてです。」 と言われました。

やはり、話題にはあがるんですね。

で、これを裁判所に説明するのがとても難しい。実際こんな取引は有り得ないです。と
だから、最後の方の取引では普通に返済のみになっているので(追加借入がストップしたので)
そこだけで出しましょうか。

と以前まではそう話をしていたんですが、それならシンキに最初に借りた30万の使途を
説明しなくてはいけなくて、改めて、取引履歴を持ち帰り、自分で一覧表を作成したんです。


ですが、やはり、大車輪をする前提での借り入れでしたし、履歴はしっかり残ってるし、
嘘は付けないしで、一覧表を司法書士さんに見せながら説明しました。


司「え~と、じゃあここで借り入れた30万は何に使ったんですか?」
私「ここに返済しています。」
司「でも、また借りてますよね?」
私「借りて、こっちに返済してます。」
司「え?じゃあ、お金が移動してるだけ?・・・ん~~~~上申書出しましょう。
   もうこれは補足説明書として、出すしかないですね。」



ということになりました。

どうしてこういう借り方になったのか、返済できなくなったのか、
自分の文章で書いてください。と・・・

もちろん、司法書士さんがチェックするので、文章的にマズイところなんかは
手直ししていくみたいですが。


大車輪をするきっかけや返済できなくなった理由なんかは分かっていますが
いざ文章に・・・となると、どうやって書き始めたもんか・・・

こういうのって、書き始めればスラスラ~っと行くんですよね。


ってことで、頑張ります!



スポンサーサイト
司法書士相談 | Comments(2) | Trackback(1)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。